前撮り

結婚式は、一生に一度の晴れの舞台です。綺麗な晴れ姿を記念として写真に残しておきたいものですが、結婚式や披露宴の当日は支度や進行で慌ただしく、写真撮影に集中するのが難しい場合が多いものです。結婚式当日の撮影をプロのカメラマンに頼んでいる場合、結婚式や披露宴を通して多くの撮影をしてもらうことができ、出席するゲストとの写真が撮れるなど、その日ならではの幸福な空気感を撮影できるメリットがあります。しかし、どのような写真が撮られているかというのはその場で確認するのが難しいことが殆どで、後日「もっと2人の写真を残したかった」などと後悔することになるかもしれません。そうした不安を解消できるのが、最近利用する人が増えている前撮りです。前撮りとは、結婚式の前に撮るウェディング写真のことで、撮影のために時間を設けるので式当日と比べてゆったりとした気分でイメージ通りの撮影ができるのが人気の秘密です。

利用する人が増えている前撮りのおすすめポイント

前撮りのおすすめポイントは、3つあります。1つは、大切な人と写真をゆっくり撮れるということです。2人だけの撮影や、家族やペットなどかけがえの無い人を加えての撮影により、前撮りの撮影そのものが素敵な思い出となることでしょう。2つ目は、式当日に着る衣装とは別の和装やドレスで撮影ができることです。結婚式や披露宴ではドレスしか着ないけれど、本当は和装も捨てがたいという思いや、着てみたかったドレスがあるといった場合など、当日に着ることが叶わない衣装を満喫することができます。3つ目は、撮影した前撮り写真を記念として残しておくだけでなく、結婚式当日のウェルカムボードや演出用のDVD、両親へのプレゼントなどに活用できることです。また、結婚報告ハガキや年賀状に利用するなど、幅広い用途で使うこともできるのでおすすめです。

ロケーションが様々な前撮りの魅力

前撮り撮影は素敵な写真を残すということが目的ですが、様々なプランが用意されているので、自分たちの希望を叶えることで撮影自体も楽しむことができるでしょう。特に、仕上がりのイメージを左右するのが撮影場所で、結婚式場や撮影スタジオから屋外のロケーションまで幅広い選択肢があります。例えば、結婚式の会場となる式場で撮影する場合には、本番のイメージを掴むことができ、髪型などをヘアメイクさんと軽く打ち合わせができるのが魅力です。スタジオでの撮影はウェディングに相応しいセットから好きなパターンを選べることが多く、式場とはまた違った雰囲気の仕上がりが楽しめます。外のロケーションでは二人の好きな場所や美しい背景で開放的な気分で撮影できるので思い出に残る前撮りとなることでしょう。中には海外で撮影するプランもあるので旅行を兼ねて遠出をするのも良い記念になるでしょう。